美容特別席

美しさをケアする気持ちを大切にしたい

実印の重要性

Posted By on 2014年3月18日

実印を持っていないという方も多いと思います。
なぜなら、日常生活上で実印を使う機会は限られているからです。
銀行に口座を開く場合でも、実印として登録されたはんこでなくともかまいません。
どんな時には実印がいるかといえば、相続・不動産売買・車の購入時などです。
車を購入する時に、「印鑑証明書を用意してください」と言われて、初めて実印を印鑑登録される方も多いのではないでしょうか?
印鑑証明書とは、「このはんこは、地方公共団体に実印として登録されているものであることを証明する」ためのものです。
実印の次に大切なので大切な預金通帳に使われる銀行印です。

銀行印の詳細

いずれの印鑑も人生において重要なものなので大切に扱うようにしましょう。

「越前ガニ」はなぜおいしいのか?

Posted By on 2013年11月23日

「かにの王様」と言われるズワイガニの中でも、最高級品として格付けされている「越前ガニ」。
まさに、「かにの中のかに」とも言えるでしょう。
明治時代から代々の天皇にも献上されている「献上ガニ」としても有名です。
では、越前ガニはなぜそこまでおいしいのでしょうか。
まず、ブランドガニとして漁業者によってしっかり守られていることが1つの要因です。
越前ガニは、甲羅が9cm以上のものしか漁獲してはいけないと決まっています。
だから、大きく立派なかに(つまり、身がぎっしり詰まって食べごたえのあるかに)しか市場に出回りません。
また、越前ガニが生息する海域の環境もポイントの1つです。

口元が大切!

Posted By on 2012年12月23日

生活をしていると、年齢を言わないといけない場面が出てきます。
実年齢はサバを読めますが(笑)、見た目年齢は日頃のお手入れが必須ですね。
60代半ばに差し掛かったお婆ちゃんの私でも、外出するときには
ボリュームが減り、白髪の増えた頭を何とかしようと美容室に足を運ぶくらいです

ので、若い女性は日々努力されていらっしゃることでしょう。
その見た目年齢を下げるために案外見落としがちなのは、「口元」だそうです。
ある調査では、歯がくすんでいたり、歯茎の色が悪いと7歳近く年齢が上に見られ

てしまうそうです。
なんとこれは、肌のくすみや艶のなさと同等か、もしくはそれ以上に見た目に影響

すると言えます。
ちょっとビックリですね。

美容に関連した仕事に…

Posted By on 2011年12月23日

美容に興味を持っている女性が美容に携わる仕事がしたいと思うのは自然の感情かも知れません。

子供がお菓子屋さんやケーキ屋さんになりたいのと同じように好きなものに関係した仕事に就きたいと思うわけです。
こうした想いで希望した仕事につくと、それが天職になるかもしれません。
ところで美容に携わる仕事と言えば、真っ先に美容師を思い浮かべます。
でも、それ以外にも美容に携わる仕事ってたくさんありますよね。
メイクアップアーティスト、ネイリスト・ネイルアーティスト、へアメイクアーティスト…
数えればきりがないかもしれません。
こうした中から自分に合った仕事を見つけていくことになると思います。
美容師はもちろん専門の学校に行って資格を取得しなければいけません。
でも、それ以外の仕事も最近、資格が整備されてきているので、まずは資格取得を考えた方がいいかもしれませんね。

定期健診の効果

Posted By on 2011年12月11日

一般的な企業に勤めていると社内で定期健診が実施されます。
労働安全衛生規則第44条によると、会社は少なくとも年に一回は社内で定期健診を実施しなければならないことが義務付けられています。
定期健診では歯の事は検査しません。普段から自宅 ホワイトニングをしていても
歯が見られる事はないので気にする必要はありません。

義務付けられている項目からはさほど多くの病気を見つけ出すことは出来ませんが、指標としては充分に参考になる結果が出てきます。

少なくとも、自分の成人病や慢性疾患の度合いを測るには充分で、日々の食生活を乱している人ならばコレステロール値を、お酒を良く飲む人なら肝機能検査の結果を参考に出来ます。

ただ職場での定期健診は流れ作業的に行われるため、知名度が低い病気を見つけることが出来ません。体調が怪しいと思ったら、直ぐに病院に行って検査をする必要があります。

シャンプーの香り

Posted By on 2011年12月7日

髪の毛をなびかせて、前を通った女性からナチュラルなシャンプーの香りがすることがあります。
こういうシチュエーションはいいですよね。
こういう女性は男女を問わず好かれそうです。

それと、香りが必要と思って、香水をベタベタつけると、逆に嫌われたりします。
香水もその人に合った適度な量と言うのが大切ですね。
ところで、きちんとシャンプーをして清潔に保つことは最低限のマナーと言えます。
でも、シャンプーもあまりしすぎるとよくないそうです。
基本的には1日1回までで、1日2回以上するとシャンプーのしすぎになるようです。
シャンプーもやり過ぎると、頭皮などに悪影響が出てくるようです。
朝シャン派の人は気をつけないといけませんね。

健康ブームが定着!

Posted By on 2011年11月18日

健康ブームと言われだしてから、かなりの年月が経ちます。
これだけ長く続いているということは健康ブーム自体が一過性のブームでないことがよくわかります。
既に健康志向が多くの人のライフスタイルに着実に影響を与えていると言えます。
これは健康な生活を維持できる一人一人の個人はもちろん社会的にも喜ばしいことです。
禁煙をする人、お酒を控える人、食生活を見直す人など、それぞれの立場でできる健康対策を実践しているようです。
今は80歳ぐらいまで生きるのが当たり前になっています。
その長い人生を健康にいきいきと暮らすのと、病気がちに暮らすのとでは人生の質に大きな差が出てきます。
健康にいきいきと暮らすには普段からのちょっとした積み重ねが大事だとわかりますよね。

リバウンド

Posted By on 2011年11月13日

急がば回れとはよくいいますね。
ダイエットにおいてもこれは同じだと思います。
急激に体重を減らしても、リバウンドしてしまったら、元も子もありません。
酵素サプリメントを使うプチ断食もリバウンドと無縁ではありません。

リバウンドしないダイエットとは、徐々に体重を無理なく減らして行くものです。

まず、食事を含めた生活習慣を見直してみることが必要です。

食事は朝昼晩と3食きちんととっているか。

偏食はないか、バランスよく食べているか。
夜遅く食べていないか。
適度な運動を心がけているか。
睡眠はきちんととれているか。
ストレスを溜め込んでいないか。

まず、チェックです。

柔軟性

Posted By on 2011年10月30日

体がこちこちの人っていますよね。
反対にぺったりと開脚して胸が床につく人も。
また割っていうんですか、お相撲さんなら必ずできるらしいですが、開脚すごいですね。
できないとどうもケガしてしまうらしいです。
柔軟性があるとケガしにくいとのことです。
友だちにぺたっとつく人がいて、どうやったらそうなるのか聞いてみました。
そしたら、お風呂あがりなどの体の柔らかい時間にこつこつと続けるのがいいとのことでした。
こつこつやってるうちに最初は全然つかなかったのがつくようになったらしいです。
続けるのが大切なんですね。
確かにすぐには変化はありませんが、やがてじわじわと変わってきて、ついにはポロリとシミがとれてしまうのです。

骨盤の大切さ

Posted By on 2011年10月26日

骨盤は女性にとって要とも言える骨です。
ここが歪んでいると生理痛や腰痛、更には下半身太りの原因になります。
最近は下半身ダイエットのために骨盤ガードルが人気ですが、骨盤をぎゅっとしめるだけで
実際、下半身が痩せるのです。骨盤が歪んでいると、下半身の血流が悪くなるのでむくんでしまうんですね。
むくみや基礎代謝が落ちるせいで、下半身がぶくぶくと太ってしまうのです。
たかが骨ですが、女性にとっては大切な骨です。

最も加齢の出やすい目の下

Posted By on 2011年10月24日

女性の肌トラブルが最も現れやすいのが顔、その中でも目の周囲です。
この周りは非常にデリケートなために年齢を経てくると、トラブルが頻発するようになり、
やがてトラブルが定着してしまうようになります。
目の下クマのように色素沈着してしまい、そうなるとなかなか消すのが大変です。
未然にケアするのがもちろん良いのですが、できてしまってからはハイドロキノンのような
美白成分が主に使われます。これは美容皮膚科などでも出してくれます。
市販のものは配合量が少ないですが、美容皮膚科のものは、配合率が高く、より効果的なケアが可能になるのが特長です。

美しさをキープする

Posted By on 2011年10月24日

どんな人でも老化現象は避けられません。
どんな美しい人でもいずれ年齢を経て相応のシワやたるみ、シミができます。
それをどれくらい最小限にとどめるか。
これがアンチエイジングという考え方です。
加齢を全て食い止めるという非現実的な事ではなく、
加齢を少しでも「遅らせる」。少しでも目立たなくさせる。
現実的な対処法だからこそ、結果が出やすいケアなのです。